新卒採用の面接で注意すべきポイント

人と話をするときに相手が一人の時はその人の目を見たりそらしたりしながらになるでしょう。

面接担当者が一人の時と複数人いるときの対応

新卒採用の面接で注意すべきポイント 人と話をするときに相手が一人の時はその人の目を見たりそらしたりしながらになるでしょう。真剣に話をするときにはきちんと見続けた方が良いといわれます。でもあまり見すぎると相手に圧迫感アを与えてしまうことがあります。話の内容によっては適度に目をそらす方が良いといわれています。商品の案内などをするときはあまり見続けると良くないこともあるでしょう。

面接を受けるときには相手が一人のこともあれば複数人いることもあります。その時に目線はどこに持っていくのが良いかです。一人であれば基本はその人を見ます。相手も見てくれています。挨拶をするときなどは目をそらすことなくきちんと話します。ただし着席をしてから話をするときは適度に目をそらすことも必要です。考えているのに目を見続けていると何を考えているのか伝わりにくくなります。

複数人いるときは気を配った対応が必要です。最初のあいさつでは複数人いるそれぞれと適度に目を合わせるようにします。ある人だけ目を合わせる、ある人だけ目を合わせないようなことがないようにします。質問が始まると複数人から受けることがあります。質問を受けるときはその人の目を見ますが、返事をするときはその人を中心に別の担当者の目も見ます。質問はその会社から受けているからです。